Win-Winの絆 外国人技能実習生制度を通して、企業に、確かな「戦力」を。

外国人技能実習制度を通して、企業に、確かな「戦力」を。
実習生に、人としての「成長」を。
質の高いサポートで、Win-Winの絆を結びます。

九州国際事業協同組合は、平成17年の創立以来、多くの企業と外国人技能実習生の橋渡しをしてきました。しかし当組合が自負しているのは、単なる歴史の長さや、企業に送り出してきた人数ではありません。企業からは、「実習生を受入れてよかった」。技能実習生からは、「日本に来てよかった」といっていただけるように、現地での面接から、教育、受入れ後のフォローにいたるまで、一貫して「質の高さ」にこだわったサポートに力を注いできました。なぜ当組合が送り出した技能実習生たちは、職場にすぐに溶け込み、よく働くのか。多くの企業から支持を集め続けているのには、理由があります。

九州国際事業協同組合とは

九州国際事業協同組合の強み STRENGTH

九州国際事業協同組合が
選ばれる理由
REASON FOR CHOOSING

九州国際事業協同組合が選ばれる理由を、動画でご紹介します。

外国人技能実習制度とは ABOUT

外国人技能実習制度は、外国の技能実習生が日本の企業で働き、産業・職業上の高い技能等の修得・習熟し、その国の経済発展を担う人材育成を目的として創設された国際協力のための制度です。日本の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っております。

外国人技能実習制度の詳細はこちら

受入れの流れ FLOW

技能実習生の受入れ、日本語教育・文化などの教育、実習開始時のサポート体制など、帰国までの流れをご紹介いたします。

技能実習生の受入れ決定から帰国までの主な流れ。実習生受入れ決定→現地で実習生候補の選考→実習生事前教育開始→実習生来日集合研修→企業配属技能実習開始→技能実習終了帰国
受入れの流れの詳細はこちら
ページトップ